PRODUCTION製作作品

Voice中田祐矢の場合 -千寿・良太郎-

主な出演作

主な出演作

  • アイドルマスター SideM:清澄九郎
  • ユニティちゃん:副会長
  • 花ざかりの君たちへ~イケメン♂パラダイス~:帷子ノ辻健
  • ここはグリーン・ウッド~青春男子寮日誌~:坂口栄也

《その他 多数出演》

キャラクター紹介

八坂 千寿(やさか ちとせ)

八坂 千寿(やさか ちとせ)

性別
年齢 26歳
誕生日 2/3
血液型 A型
身長 177cm
体重 60kg
チャームポイント 黒髪
職業 古物商
趣味 古書集め
好き 水羊羹
嫌い 猛暑

八坂 千寿は、あなたの故郷の幼なじみです。

千寿の生家は代々続く古物商を営んでいます。

彼の祖父はその主として、長年、歴史と伝統を守りながら貢献を続けてきました。

チトセは、彼の両親が多忙なこともあり、祖父によく懐き、祖父の店を半ば第二の家として過ごしてきました。彼にとっても、幼なじみのあなたにとっても、千寿の祖父の店は、暖かな思い出が詰まった、大切な思い出の場所です。

そのため、千寿が大学を卒業するや否や、すぐに祖父の手伝いを始めたことは、ごく自然な流れであり、そして、彼の長年の夢でもありました。

 

しかし、彼が祖父の全てを受け継ぐより早く、千寿の祖父は逝去してしまいます。

無論、チトセ千寿はそのまま祖父の店を継ぐことになります。

しかし、経験の浅い彼には、知識があっても、まだまだ手に余ることが多く、更に、祖父のいなくなった家屋は、瞬く間にあちこち痛みを見せ始めました。店を継ぐだけで手一杯な彼は、家の保持まで気が回りません。彼は自分だけでは現状維持すらもままならないと痛感し始めます。

 

そこでチトセは、最も自分や祖父、そして店のことを知る存在である、あなたに住み込みでの手伝いを頼み込むことにしました。

ちょうど、地元での再就職を考えていたあなたは、空いた時間での補助ということを条件に、チトセの提案を受け入れることにします。

 

幼い頃をよく知るが故の、心穏やかな日々が始まるはずですが、

成長した二人の関係には、少しずつ変化が訪れようとしています。

 

【台詞】

「八坂 千寿といいます。古物商を営んでいます。」

「集中すると周りの音が聞こえなくなってしまうところは……僕の悪い癖ですよね」

「おかえりなさい。今日も一日ご苦労さまでした。何も変わりはありませんか?」

【呼称】

/君、あなた

鹿森 良太郎(ししもり りょうたろう)

鹿森 良太郎(ししもり りょうたろう)

性別
年齢 24歳
誕生日 9/19
血液型 O型
身長 170cm
体重 59kg
チャームポイント 眩しい笑顔
職業 消防士
趣味 ロボットアニメ鑑賞
好き 巨大ロボ、ヒーロー
嫌い バッドエンド

鹿森 良太郎はあなたと付き合い始めたばかりのパートナーです。

消防士の彼は、市民を火災から守るために、強い使命感を持って、日々職務に励んでいます。

 

しかし、消防士という特殊な職業であること、更に、あなた自身も多忙さもあり、なかなか一緒に過ごす時間が取れません。加えて、良太郎が独身寮住まいということもあり、門限等の制限が手伝って、もはや遠距離恋愛のように、連絡のやりとりだけで過ごす日々が続いていました。

 

しかし、良太郎があなたを思う気持ちは、彼が燃やす使命感に決して劣っている訳ではありません。

良太郎はあなたと過ごす時間を少しでも増やすため、独身寮を出ることを決意します。そして、あなたと一緒に暮らしたいと申し出てきました。

突然の申し出に戸惑うあなたでしたが、彼の熱意に半ばのまれるように、同棲を了承します。

 

ある意味で、ここからがスタートラインと言える二人の関係。

一緒に過ごす時間を通して、お互いに多くを知ることになり、歩み寄ることになるでしょう。

 

 

【セリフ】

「オレは鹿森 良太郎。皆を火災から守る消防士をしている。」

「……ガキっぽいかもないけど、ロボットアニメが好きでさ。いや、だって、カッコイイじゃん?」

「偉いぞ、よくやった! 今まで頑張ってたのが報われたんだな」 

 

【呼称】

オレ/お前、あんた

イラストレーター七夏

・株式会社MUGENUP エクレア文庫『触れないでください』表紙、挿絵、キャラクターデザイン
・株式会社ナチュラルプランツ さくらの恋猫「妄想シチュエーション-とろけるからだ-」
・株式会社川崎総研『学園脱出~最後に残ったもの~」キャラクターデザイン・スチル

・株式会社フルーツポット「同棲花盛り-沢城千春の場合-」

HP→https://sck077.wixsite.com/mysite

Twitter→https://twitter.com/SCK_077?lang=ja

ページトップへ